マージナルドナー

マージナルドナー

著者名 浅野 武秀 監修
福嶌 教偉
剣持 敬
松野 直徒
発行元 丸善出版
発行年月日 2011年11月
判型 B5 257×182
ページ数 92ページ
ISBN 978-4-621-08466-3
Cコード 3047
ジャンル 医学・薬学 >  臨床医学・外科系

内容紹介

マージナルドナーの概念はdonor after cardiac death(DCD)とextended criteria donor (ECD)とに、更にDCDはcontrolledとuncontrolledにわけて論じることで、共通の課題として議論でき、腎臓以外の肺、膵臓、肝臓等の移植への利用も盛んになった。わが国も漸く脳死提供を主とする移植の時代になり、DCD、ECDからの移植を安全で良好なものにする努力が必要。DCD、ECDの基準となる項目や値には、各臓器により差異がある。それらの規準は今後の研究成果で、より安全で広い臓器提供にすべく改変が行われるであろう。 本書「マージナルドナー」では、マージナルドナーの概念が形成された歴史と、現時点での各臓器の規準と考え方を主として記述。 臓器提供に携わる移植医、外科医、救急医、ドナーコーディネーター、コメディカルスタッフの方々に有用な一冊。

目次

1. マージナルドナーの歴史
2. マージナルドナーとは
3. 心停止ドナーからの移植について
4. マージナルドナーの管理
5. 腎臓
6. 膵臓
7. 膵島
8. 肝臓
 I. extended criteria donorsからの肝移植
 II. 心停止ドナーからの肝移植
9. 肺
 I. extended criteria donorsからの肺移植
 II. 心停止ドナーからの肺移植
10. 心臓

定価:本体4,500円+税
在庫:在庫あり