流れの数値計算と可視化 第3版

流れの数値計算と可視化 第3版

SIMPLE法とMAC法による熱流体解析 [Tecplotダウンロードライセンス付]
著者名 平野 博之
発行元 丸善出版
発行年月日 2011年11月
判型 A5 210×148
ページ数 342ページ
ISBN 978-4-621-08458-8
Cコード 3053
NDCコード 534
ジャンル 土木・建築 >  土木 >  構造力学・地盤工学
機械・金属・材料 >  機械工学一般
機械・金属・材料 >  機械工学一般 >  有限要素法

内容紹介

移動現象論(あるいは輸送現象論)とよばれる分野では、流れ・伝熱・拡散といった現象を統一的に取扱う。すなわち流れは運動量の移動として、伝熱はエネルギーの移動として、そして拡散は物質の移動として解釈する。 本書はこのような移動現象論の基礎となる式(第一部:基礎式)、これらの基礎式を実際に計算するための方法(第二部:数値計算法)、そして計算で得られた結果からこれを可視化する(第三部:可視化)、という一連の事柄をまとめた一冊。

目次

第Ⅰ部 基礎式
 第1章 序論
 第2章 連続の式
 第3章 運動方程式
 第4章 エネルギー方程式
 第5章 拡散方程式
 第6章 移動現象の速度方程式
 第7章 運動量保存方程式
 第8章 運動の記述方法
 第9章 直交座標系におけるテンソル
 第10章 直交曲線座標系におけるテンソル
第Ⅱ部 数値計算法
 第11章 序論
 第12章 基礎方程式と無次元化
 第13章 離散化と数値計算法
 第14章 流れ場の計算方法
 第15章 線形システムの解法
第Ⅲ部 可視化
 第16章 概要
 第17章 基礎事項
 第18章 X‐Yプロット
 第19章 フィールドプロット(2次元)
 第20章 フィールドプロット(3次元)
 第21章 アニメーション作成

定価:本体4,800円+税
在庫:お問い合わせください