フランス文化事典

フランス文化事典

著者名 田村 毅
塩川 徹也
西本 晃二
鈴木 雅生
発行元 丸善出版
発行年月日 2012年07月
判型・装丁 A5 210×148 / 上製
ページ数 798ページ
ISBN 978-4-621-08522-6
Cコード 0522
ジャンル 人文科学 >  人文科学_総記・事典

内容紹介

内容は3部構成であり、フランス社会に固有の文化を示す「フランスの社会と文化」、歴史の中の文化の変容を示す「フランス文化の流れ」、そして地理的な特有性と拡がり、とりわけ多様性を示す「フランス文化の多様性」からなる。第10章「フランス語圏文化」では、国境を越えて、旧植民地支配下でフランス語と母語との葛藤からどのような新しい言語表現が獲得されてきたかを問い、そして他方では、英語によるグローバルな支配下で、少数言語たるフランス語がどのような地平を切りひらいてきたかという、新たな視点が展開されている。「序章」では大きな枠組みとして、地理と歴史、思想、法律・政治・経済を示し、フランス文化の特質が、社会の仕組みそのものに起因することを示すと同時に、文化の差異が、人文学のみならず、社会科学から自然科学の多分野にわたるという視点を提示している。

目次

序章 フランスという国
Ⅰ.フランスの社会と文化
 第1章 社会
 〈文化の基盤〉
 〈家族・ジェンダー〉
 〈教育〉
 〈宗教〉
 第2章 生活
 〈モード〉
 〈食文化〉
 〈ヴァカンス・趣味〉
 〈スポーツ〉
 第3章 芸術
 〈文学〉
 〈演劇〉
 〈美術〉
 〈音楽〉
 〈映画〉
Ⅱ.フランス文化の流れ
 第4章 フランスの誕生(中世)
 第5章 ルネサンスから大革命へ
 第6章 ロマン主義の時代
 第7章 現代へ:モデルニテの行方
Ⅲ.フランス文化の多様性
 第8章 パリと郊外
 〈歴史的記念建築物〉
 〈美術館・博物館〉
 〈劇場・音楽会場〉
 〈パリ散策(フラヌリー)〉
 〈郊外へ〉
 第9章 地方
 〈パリから北へ〉
 〈パリから西へ〉
 〈パリから東へ〉
 〈パリから南へ〉
 〈南仏〉
 〈海を渡って〉
 第10章 フランス語圏

定価:本体20,000円+税
在庫:在庫あり