鉄道の百科事典

鉄道の百科事典

著者名 鉄道の百科事典編集委員会
発行元 丸善出版
発行年月日 2012年01月
判型 A5 210×148
ページ数 846ページ
ISBN 978-4-621-08462-5
Cコード 0050
ジャンル 科学一般 >  科学_事典・便覧
土木・建築 >  土木 >  土木_便覧・ハンドブック
機械・金属・材料 >  機械・金属・材料_事典・便覧

内容紹介

鉄道は土木、機械、電気、システムなどの要素技術が複雑に絡み合って鉄道独特のハードウェアを構成。一方、鉄道の運営には多数の鉄道係員が関与し、彼ら一人一人が任務に任務を遂行し、一糸乱れぬチームワークを発揮して安全確実な輸送を実現している。鉄道企業は沿線開発にもかかわることもあり、”鉄道”とは巨大な固定資産と膨大な人的資源が有機的に結合して成り立っている非常に巨大なシステムとも言える。専門家にとっても容易ではないそのあまりにも巨大な全貌に迫る本書の第1章は”鉄道学入門”と称し、過去から現在までの鉄道の変遷とともに、現在の鉄道が置かれている状況を概観。続く2章以降では技術・経営の各論を解説。さらには世界的視野に立って諸外国の優れた事例を紹介するとともに、世界における日本の鉄道の位置付けも俯瞰できる。

目次

1章 鉄道学入門
 1.1 鉄道の起源と発展史
 1.2 鉄道と社会・経済
2章 鉄道輸送を支える人々と技術
 2.1 鉄道の24時間
 2.2 輸送と列車運転・運行管理
 2.3 地上設備と保守
 2.4 車両と保守
 2.5 運転と安全
 2.6 環境との調和
 2.7 技術開発
 2.8 鉄道企業の経営
 2.9 労務
3章 特殊鉄道と新しいタイプの軌道交通システム
 3.1 都市交通システム
 3.2 ロープ駆動・急こう配鉄道
 3.3 リニアモータ式鉄道
 3.4 磁気浮上式鉄道
 3.5 駅におけるバリアフリーと昇降機
4章 世界と日本の鉄道
 4.1 世界の中の日本の鉄道
 4.2 海外技術の特色
 4.3 海外の主要な鉄道
 4.4 鉄道の国際協力
5章 未来の鉄道
 5.1 鉄道のグレードアップ
 5.2 鉄道のシステムチェンジ
 5.3 安全で安心な鉄道輸送をめざして
 5.4 エコロジーと鉄道
 5.5 快適で魅力ある鉄道

定価:本体18,000円+税
在庫:お問い合わせください