触媒化学
著者名 江口 浩一 編著
発行元 丸善出版
発行年月日 2011年06月
判型 A5 210×148
ページ数 254ページ
ISBN 978-4-621-08405-2
Cコード 3343
ジャンル 化学・化学工学 >  工業化学

内容紹介

多様な化学製品を合成し、環境を浄化し、燃料を効果的に利用するには触媒が不可欠であることは広く認識されているが、触媒技術や触媒作用については、一般的には知られていないのが現状だ。 本書では主として、触媒作用の基礎から触媒の応用分野、評価手法や将来の利用分野に至るまで、広く触媒化学の基礎を身につけることを目的とし、不均一系の固体触媒を中心にまとめた。触媒研究の第一線で活躍するエキスパートに執筆を依頼し、様々な分野における触媒の工業的使用や触媒作用機構の解説、触媒の物性評価の実際など、現在の触媒の使用、開発、解析に即してわかりやすく解説。 本書によって触媒の実態を把握し、触媒化学の全体像が理解できるだけでなく、必要に応じて関係する章や節から知識を習得することができるよう、それぞれの章は独立した内容。

目次


 Ⅰ・1 触媒化学の概略
 Ⅰ・2 触媒反応速度論
 Ⅰ・3 固体触媒作用の基礎
 Ⅰ・4 触媒反応の利用
1 触媒化学の基礎概念
 1・1 触媒の作用
 1・2 触媒作用のエネルギー的側面
 1・3 触媒活性点
 1・4 触媒の劣化
2 触媒反応速度
 2・1 平衡と触媒反応速度
 2・2 触媒反応器の解析
 2・3 触媒反応のエネルギーと反応座標
 2・4 固体表面上への気体の吸着
 2・5 触媒反応の機構と速度式
3 触媒材料と触媒調製の化学
 3・1 種々の触媒材料
 3・2 単独酸化物
 3・3 複合酸化物
 3・4 活性成分担持
 3・5 水熱合成法
 3・6 メソポーラス材料の合成法
 3・7 触媒の成型
4 触媒のキャラクタリゼーションと触媒作用
 4・1 機器分析
 4・2 in-situキャラクラリゼーション
 4・3 理論化学からのアプローチ
5 触媒反応プロセス工学
 5・1 石油精製触媒プロセス
 5・2 酸化反応の触媒化学
 5・3 還元反応の触媒化学
 5・4 酸塩基反応の触媒化学
 5・5 高分子合成反応の触媒化学
 5・6 触媒化学無機合成
 5・7 燃料電池システムでの触媒
 5・8 電極触媒
 5・9 光触媒化学
6 環境触媒
 6・1 固定発生源における窒素酸化物の削減
 6・2 ガソリン自動車のための三元触媒
 6・3 ガソリンリーンバーンエンジンのための触媒技術
 6・4 クリーンディーゼルのための触媒技術
 6・5 さまざまな環境触媒
 6・6 グリーン・ケミストリー
 6・7 バイオマスの利用
7 最新の触媒化学
 7・1 硫酸代替カーボン系固体酸触媒
 7・2 金属ナノ粒子触媒
 7・3 多孔体材料の新展開
 7・4 マイクロ波,超音波の利用

関連商品

定価:本体3,400円+税
在庫:お問い合わせください

▼ 補足資料