企業研究資金の獲得法

企業研究資金の獲得法

著者名 永井 正夫
根本 光宏
田村 元紀
発行元 丸善出版
発行年月日 2010年12月
判型 四六 188×128
ページ数 174ページ
ISBN 978-4-621-08303-1
Cコード 0040
ジャンル 科学一般 >  科学読み物
科学一般 >  科学論文・プレゼン
実用 >  趣味・実用

内容紹介

大学の研究者が企業の研究資金を獲得し共同/委託研究を行うにはどのように宣伝・コンタクトを行えばよいか。またチャンスを増やすためには日頃からどう研究を進めればよいのか。非公開の会社の本音は。 長年、大学・企業および産学連携支援の立場から共同研究に携わる著者らが、その実態とノウハウを解説する。企業の持つ背景・視点も事例とともに丁寧に説明。大学の規模・地域差・ブランド力との関係、提供される資金・期間はどれくらいかといった素朴な疑問や、企業側の求めるもの、身近なところから始められるPR方法や人脈形成、さらには契約成立までの配慮(いつお金の話をするか等)を解説。 巻末には、民間の助成制度、企業と共同研究をした際の公的な助成制度などの一覧を掲載。各章の終わりには、様々な分野の共同研究者のインタビューやコラムも収録する。 企業と共同研究を行う際、自分に合ったスタイルを開発できる、現場の研究者のための案内書。

目次

プロローグ 企業からの研究資金の状況
第1章 会社が求めているもの
第2章 機械工学系の大学教授の経験則――企業内にあなたの理解者を得よう
第3章 企業の研究環境、社内力学――大企業でのケース
第4章 どこで接点を探すか
第5章 会社の選び方
第6章 効果的なPR
第7章 コンタクトの際のポイント――研究室訪問、会社でのセミナー
第8章 契約成立までの注意事項
第9章 日本の大学と海外の大学との違い
付録1 教員向けの産業界との連携のサービス
付録2 産学共同研究開発の支援制度

資料 基礎研究レベル向上、技術移転支援のための研究費助成制度

定価:本体1,900円+税
在庫:お問い合わせください