ピーターソン 活動銀河核

ピーターソン 活動銀河核

巨大ブラックホールが引き起こすAGN現象のすべて
原書名 An Introduction to Active Galactic Nuclei
著者名 和田 桂一
谷口 義明
粟木 久光
亀野 誠二
寺島 雄一
発行元 丸善出版
発行年月日 2010年05月
判型 A5 210×148
ページ数 328ページ
ISBN 978-4-621-08249-2
Cコード 3044
NDCコード 441
ジャンル 天文・地学 >  宇宙科学

内容紹介

銀河には、異常に明るい中心部をもつ天体があり、それを活動銀河核(AGN)と呼ぶ。中心には超巨大ブラックホールがあると考えられ、AGNは、銀河に潜む超巨大ブラックホールの形成と進化に深く関わり、また、銀河そのものの形成進化とも緊密に関係しているといわれ、現在、宇宙の中でも最も激しい現象が起きていて未知の多い領域。AGNの解明は、銀河の進化を理解するうえで切り離せない極めて重要なものである。本書は、AGN研究の世界的権威として知られる原著者がまとめたバイブル的教科書として知られる。基礎が丁寧に解説され、これからAGNを学ぶ学生や研究者の入門書として最適の一冊。

目次

第1章 活動銀河核の基本的性質と歴史的概観
第2章 活動銀河核の分類
第3章 ブラックホールパラダイム
第4章 連続光放射
第5章 広輝線領域
第6章 狭輝線領域
第7章 活動銀河核の統一モデル
第8章 活動銀河核の環境
第9章 膨張宇宙の幾何学
第10章 クェーサーサーベイ
第11章 クェーサー光度関数と進化
第12章 クェーサーに見られる吸収線
日本語版補遺Λ≠0の「標準」宇宙モデル

定価:本体6,000円+税
在庫:在庫あり