統計応用の百科事典

統計応用の百科事典

著者名 松原 望 編集代表
美添 泰人 編集代表
発行元 丸善出版
発行年月日 2011年10月
判型 A5 210×148
ページ数 718ページ
ISBN 978-4-621-08397-0
Cコード 3541
ジャンル 数学・統計学 >  数学_総記・事典
社会科学 >  社会科学_総記・事典・便覧
社会科学 >  応用数学・ビジネス統計

内容紹介

本事典では、人文科学・社会科学・自然科学のさまざまな分野の調査・研究で、どのように統計学(統計処理手法)が応用され、実際に使われているのか? また、統計学が、それぞれの学問分野の発展にどれだけ、また、どのように貢献していのか? に重点を置き、「中項目主義で各項目・見開き2p/4p構成」で、具体的事例(=各分野のナマの統計データを盛り込みながら具体的に分析し、どのような有益情報がえられるかを読者に提示)を通して、統計学の応用が一望できる、ユニークな本邦初の「使える」事典。統計科学の基礎から最先端の応用までをこれ一冊でカバーできる。保健・医療統計、心理統計、教育統計、文化統計など文系理系問わず、あらゆる大学研究室必携の事典。※様々な分野の「ナマの有益データ」が集まっているというのも特色。

目次

1.確率・統計の基本と分析手法
2.記述統計・計算機統計
3.経済統計
4.計量経済分析・ファイナンス
5.社会調査
6.心理統計・教育統計
7.保健・医療統計
8.品質管理・工業統計
9.環境統計
10.文化統計

定価:本体20,000円+税
在庫:在庫あり