パワーエレクトロニクス

パワーエレクトロニクス

著者名 矢野 昌雄
打田 良平
川邊 潮
木村 英俊
多田隈 進
発行元 丸善出版
発行年月日 2000年11月
判型 A5 210×148
ページ数 262ページ
ISBN 978-4-621-08161-7
Cコード 3354
ジャンル 電気・電子・情報工学 >  シリーズ電気・電子・情報工学 >  セメスター大学講義

内容紹介

「パワーエレクトロニクス」の高専、大学向けの半期用教科書。 パワーエレクトロニクスは、パワー半導体デバイスを用いて電力の変換・制御を行う技術分野であり、電気系の学科の重点科目のひとつである。類書には多数あるが、現場的・実際的事項が多い反面、その基礎事項の記述が不十分であったり、最近の技術進歩に伴った内容が欠落するなど、バランスが良くないものが多い。本書では、基礎事項、現場的事項、および最新の技術動向をバランス良くとりこんである。  

目次

1章 パワーエレクトロニクス緒論
 1-1 パワーエレクトロニクスとは
 1-2 パワーエレクトロニクスの特徴
 1-3 制御システムとしてのパワーエレクトロニクス
 本章のポイント
 演習問題
 PAUSE パワーエレクトロニクス小史
2章 パワー半導体デバイス
 2-1 パワー半導体デバイスとは
 2-2 PN接合とダイオード
 2-3 バイポーラトランジスタとスナバ回路
 2-4 サイリスタ
 2-5 GTO
 2-6 パワーMOSFET
 2-7 IGBT
 2-8 電力容量と駆動回路
 2-9 パワー半導体デバイスの動向
 本章のポイント
 演習問題
 PAUSE パワー半導体デバイスの進歩 
3章 整流回路
 3-1 単相半波整流回路
 3-2 単相全波整流回路
 3-3 三相全波整流回路(三相ブリッジ回路)
 3-4 整流回路のパルス数
 3-5 直流側にコンデンサをもつ整流回路
 本章のポイント
 演習問題
4章 整流回路の交流側特性と他励式インバータ
 4-1 交流側電流のひずみと力率,有効電力,無効電力
 4-2 他励式インバータ
 本章のポイント
 演習問題
 PAUSE 交流と直流
5章 交流電力制御とサイクロコンバーター
 5-1 交流電力調整回路の種類と動作
 5-2 サイクロコンバータ
 本章のポイント
 演習問題
6章 直流チョッパ
 6-1 降圧チョッパ
 6-2 昇圧チョッパ
 6-3 四象限チョッパ
 本章のポイント
 演習問題
7章 DC-DCコンバータと共振形コンバータ
 7-1 DC-DCコンバータ
 7-2 共振型コンバータ
 本章のポイント
 演習問題
8章 自励式インバータ
 8-1 電圧型インバータ
 8-2 三相電流型インバータ
 本章のポイント
 演習問題
9章 PWMインバータ
 9-1 単相電圧型PWMインバータ
 9-2 三相電圧型PWMインバータ
 9-3 非同期式PWMと同期式PWM
 本章のポイント
 演習問題
10章 電動機制御の理論
 10-1 電動機の可変速駆動の発展
 10-2 直流電動機
 10-3 誘導電動機の構造と駆動原理
 10-4 誘導電動機の等価回路と定常特性
 10-5 誘導電動機の平均値制御
 10-6 電動機の特性方程式
 10-7 同期電動機の特性
 10-8 交流電動機のベクトル制御
 本章のポイント
 演習問題
 PAUSE 高速鉄道とスピード競争
11章 電動機制御の応用
 11-1 直流電動機の制御
 11-2 かご形誘導電動機の可変速駆動と応用
 11-3 巻線他形誘導電動機の制御
 11-4 単相誘導電動機の制御
 11-5 同期電動機の制御
 11-6 リラクタンスモータの制御
 本章のポイント
 演習問題
 PAUSE ソーラーカー
12章 電力系統における応用
 12-1 電力系統とパワーエレクトロニクス
 12-2 直流送電とBTBシステム
 12-3 無効電力補償とアクティブフィルタ
 12-4 UPS
 12-5 新エネルギー発電と電力貯蔵
 本章のポイント
 演習問題
 PAUSE 一次エネルギーと電力
付録 周期関数のフーリエ級数展開

出版社からのメッセージ

本書籍は価格変更に伴い、ISBNを変更しました。
旧ISBN:978-4-621-04809-2
内容に変わりはありません。

関連商品

定価:本体3,000円+税
在庫:在庫あり