ソーシャル・マーケティング
コトラー

ソーシャル・マーケティング

貧困に克つ7つの視点と10の戦略的取り組み
原書名 Up and Out of Poverty - The Social Marketing Solution
著者名 塚本 一郎 監訳
発行元 丸善出版
発行年月日 2010年01月
判型 四六 188×128
ページ数 496ページ
ISBN 978-4-621-08200-3
Cコード 3034
NDCコード 368
ジャンル 社会科学
社会科学 >  経営工学・リスクマネジメント

内容紹介

環境と並ぶ地球課題、貧困にいかに取り組むのか。世界で40億人の貧困層をマーケットに育てるための、具体的な7つの視点と10の戦略的取り組みを、マーケティングの第一人者・コトラーが記す。ソーシャル・マーケティングという言葉には企業が利益や自社の顧客のことだけでなく、社会全体の利益や福祉向上を意識して活動するという考え方が含まれており、「社会公共志向」のマーケティングと呼ばれている。この理論が、これまで効果的な手段を講じられなかった貧困対策に有効であることを解説する。これからの世界を考える人。必読の一冊。

目次

第I部 貧困問題とその幅広い解決を理解する
 第1章 なぜ貧困は皆を苦しめるのか
 第2章 氾濫する今日の解決策を検証する
 第3章 ソーシャル・マーケティングによる解決
第II部 ソーシャル・マーケティングの視点と解決策を応用する
 第4章 貧困市場をセグメント化する
 第5章 ターゲット市場の優先順位を評価・選択する
 第6章 望ましい行動への変化を決定する
 第7章 変化に際しての障壁、便益、競合を理解する
 第8章 望ましいポジショニングと戦略的マーケティング・ミックスを策定する
第III部 統合的アプローチを確立する
 第9章 ソーシャル・マーケティング計画を展開する
 第10章 貧困削減へ向けた公共セクターの役割
 第11章 貧困削減における非営利セクターの役割
 第12章 貧困削減における民間企業セクターの役割
 第13章 三つのセクターの協働を実現する

定価:本体3,500円+税
在庫:在庫あり