エリック・ボガティン 高速デジタル信号の伝送技術

エリック・ボガティン 高速デジタル信号の伝送技術

シグナルインテグリティ入門
原書名 Signal and Power Integrity-Simplified 2nd ed.
著者名 須藤 俊夫 監訳
発行元 丸善出版
発行年月日 2010年07月
判型 A5 210×148
ページ数 676ページ
ISBN 978-4-621-08261-4
Cコード 3055
ジャンル 電気・電子・情報工学 >  電子・通信

内容紹介

本書は、「シグナルインテグリティ」(デジタル信号を正しく伝送する技術)に注目し、その基本原理をわかりやすく解説したもの。難解といわれるインダクタンスには1章を割いて詳細に記述をしているほか、原書の改訂版で新たに加えられた「パワーインテグリティ」(電源品質)についても、電源のターゲットインピーダンスに着目し、詳しく言及。 これから高速回路設計に携わろうとする入門者の学習書として、さらには高速化の進展によりさまざまな問題に直面しているエンジニアの方にも新たな発見を見いだせる一冊。

目次

第1章 避けて通れないシグナルインテグリティ問題
第2章 タイムドメインと周波数ドメイン
第3章 インピーダンスと電気的モデル
第4章 抵抗の物理的基礎
第5章 キャパシタンスの物理的基礎
第6章 インダクタンスの物理的基礎
第7章 伝送線路の物理
第8章 伝送線路と反射
第9章 損失のある伝送線路と立上り時間の劣化,材料特性
第10章 伝送線路のクロストーク
第11章 差動ペアと差動インピーダンス
第12章 シグナルインテグリティへのSパラメータの適用
第13章 電源分配ネットワーク(PDN)
付録A シグナルインテグリティ問題を解決するための100の設計ガイドライン
付録B シグナルインテグリティ効果を見積もるための100の経験則
付録C 主要参考文献

定価:本体14,000円+税
在庫:お問い合わせください