こころの病理学

こころの病理学

著者名 新宮 一成
片田 珠美
芝 伸太郎
西口 芳伯
発行元 丸善出版
発行年月日 2010年05月
判型 四六 188×128
ページ数 208ページ
ISBN 978-4-621-08242-3
Cコード 1347
ジャンル 人文科学 >  シリーズ人文科学 >  京大人気講義シリーズ

内容紹介

精神病理学・精神分析学分野の第一線で活躍されている執筆陣が、種々の経験・活動によって人間の精神にもたらされる病理的要因について、具体事例を随所に紹介しながら平易に解説するともに、それぞれの病理について、文化、社会、そして無意識などの(社会的)文脈の中での位置づけを試みる。

目次

第1章 精神障害と精神医学の歴史
第2章 さまざまな精神疾患の展望
第3章 思春期のこころ
第4章 統合失調症――症状と病型
第5章 統合失調症――治療と予後
第6章 統合失調症――症例と経過
第7章 依存症と嗜癖
第8章 気分障害――症状と病型
第9章 気分障害――症例と経過
第10章 気分障害――予後と治療
第11章 パーソナリティ障害
第12章 自殺
第13章 犯罪、非行、精神障害に対処するための仕組み
第14章 少年法
第15章 医療少年院の臨床事実

関連商品

定価:本体2,100円+税
在庫:在庫あり