がんの世界地図

がんの世界地図

原書名 The Cancer Atlas
著者名 千葉 百子
発行元 丸善出版
発行年月日 2009年06月
判型 B5変
ページ数 128ページ
ISBN 978-4-621-08115-0
Cコード 0047
NDCコード 491
ジャンル 科学一般 >  科学図鑑
医学・薬学 >  医学一般 >  医学読み物

内容紹介

がんに関する情報や事象をカラー地図を用いて解説した画期的な書。 グローバルな視点からがんを知ることができ、 地域によるさまざまな違いがわかりやすく表現されている。 本書では国別、地域別に、どのようながんに罹る人が多いのか、がんの要因となること、どのような取組みがなされ、どのような取組みが必要なのか、といったことが一目わかるように、カラーの地図・絵・グラフを用いてわかりやすく解説。 特に発展途上国では、がんに対処する財源に乏しく、がんの負担が増加しているという事実も本書を眺めるとよくわかる。 また、がん登録、早期発見と治療、生活改善といった抗がん活動、世界的ながん制圧の戦略がどれだけ成功をもたらしてきたか、という事実にも光を当てている。

目次

Part1 はじめに
 1.腫瘍成長のメカニズム
Part2 リスクファクター
 2.リスクファクター(危険因子)
 3.少年のリスク
 4.少女のリスク
 5.タバコ
 6.感染
 7.食事と栄養
 8.紫外線照射
 9.生殖とホルモン因子
Part3 負担
 10.がんになるリスク
 11.おもながん
 12.地理的相違
 13.肺がん
 14.小児がん
 15.がん生存者
Part4 経済
 16.経済的利害関係
 17.商業的興味
Part5 行動を起こそう
 18.がん登録
 19.研究
 20.一次予防
 21.予防:集団とシステムアプローチ
 22.早期発見
 23.マネージメントと治療
 24.がん機関
 25.健康教育
 26.政策と法律制定
Part6 未来と過去
 27.未来
 がんの歴史
Part7 世界の表
 がんのリスクファクター
 がんの統計

関連商品

定価:本体2,600円+税
在庫:在庫あり