医者のしごと
著者名 福井 次矢
発行元 丸善出版
発行年月日 2008年01月
判型 A5 210×148
ページ数 192ページ
ISBN 978-4-621-07958-4
Cコード 2347
NDCコード 498
ジャンル 医学・薬学 >  医学一般
実用 >  趣味・実用

内容紹介

本シリーズは、実際に就いてみないとどのようなことをやるかが想像しにくい「仕事」というものを、「仕事の内容」「背景となる知識」「日常的に接する人や物」「なるまでとなった後」「取り巻く問題」という5つの切り口から、15歳でもわかるようにわかりやすく解説。 今回の書籍は誰もが一度は接したことがある“医者”という職業をクローズアップして、医者になった理由、患者と病気への理解と治療方針、さらに医療現場の実態や医療体制などを現在も最前線で活躍している聖路加国際病院 院長 福井次矢医師によって幅広い視点から、誰にでもわかりやすいようにイラストを交えつつ丁寧に解説。将来医師を目指す中高生から、一般の方、さらに現役医師までにとっても貴重な情報が満載の一冊。

目次

1章 医者の仕事
解説1 病気と患者を理解する――医者の仕事1
 図解1 患者の診察
  語り1 年齢、性別、病歴、症状などから、徐々に病気を絞り込む
  語り2 医療面接だけの診断でも7割以上が的中した
 図解2 患者の検査
  語り3 検査は診断の精度を高めて、治療の効果を確かめる
  語り4 日野原回診で、医者の診察能力の素晴らしさを感じる
解説2 治療方針を決めて治療する――医者の仕事2
 図解3 患者の診断
  語り5 ここ十数年で医者と患者の関係性は大きく変わった
  語り6 治療方針は事実やデータに基づいて決めるべきである
 図解4 治療
  語り7 治療は、ある意味、患者の人生観で決まる
  語り8 日野原先生には、患者に対する深い理解の重要性を教わる
2章 病気のしくみ
解説3 病気の要因を「体の内」と「体の外」に分類する
 図解5 かぜのしくみ
  語り9 かぜには、的確な治療法はない
  語り10 医療とサイエンスでは考え方が違う
 図解6 がんのしくみ
  語り11 あなたの身体は、つねに外からの敵と戦っている
  語り12 がんの治療法は手術とは限らない
解説4 生物、心理、社会から見た病気の要因
 図解7 うつ病のしくみ
  語り13 内科医にも、うつ病の診断能力が必要になる
  語り14 医師と患者のパートナーシップで病気の治りは違う
 図解8 動脈硬化のしくみ
  語り15 人の老化は血管から始まる
  語り16 心筋梗塞になりやすい性格がある
3章 医者の仕事場
解説5 医者は、様々な病気、病状の患者を診る
 図解9 診察室・検査室
  語り17 大病院と地域の病院・診断所との連携で、医療を提供していく
  語り18 電子カルテのシステムは診察のやり方を大きく変えた
 図解10 救急医療室
  語り19 突然の心臓停止に、焦って失敗する
  語り20 日本の病院は、今後、さらに機能分担を進めていく
解説6 医者は、様々な医療スタッフとともに働く
 図解11 病棟
  語り21 早い時期に、看護師の視点を病院運営に取り込んだ
  語り22 1年で10パーセント近くの看護師が辞めてしまう
 図解12 リハビリ施設・薬局・医事課など
  語り23 医療情報の解析によって、医療の質の向上を目指す
  語り24 医療事故は根本原因を分析することで対策を立てる
4章 医者の生き方
解説7 医者には、様々な知識と豊かな経験が必要である
 図解13 医学部での教育
  語り25 医者の仕事には、論理と感性の両方が求められる
  語り26 暗記偏重の現在の医学教育に潜む問題点
 図解14 臨床実習の期間
  語り27 多くの学生は、解剖実習で医者になることを実感する
  語り28 症例をベースにしたカリキュラムが求められている
解説8 医者には、実は様々な生き方がある
 図解15 卒後研修の期間
  語り29 医者としてのキャリアを決める卒後研修
  語り30 優れた教育制度が優れた臨床医を育てる
 図解16 進路の選択
  語り31 臨床の現場では、総合医的能力が重要になる
  語り32 医者という仕事を通して学べることは喜びとなる
5章 医者が向き合う問題
解説9 医者は、医療を通じて社会とつながっている
 図解17 医療事故
  語り33 ミスを未然に防ぐにはしくみが必要となる
  語り34 100パーセント大丈夫という医療は存在しない
 図解18 医療制度
  語り35 有限な医療資源を、有効利用しなくてはならない
  語り36 日本の今の医療は、勤務医たちの犠牲の下で成り立っている
解説10 医者は、科学の進歩に大きな影響を受ける
 図解19 臓器移植
  語り37 医療は社会のコンセンサスのもとで行わなければならない
  語り38 臓器移植は、人工臓器と再生医療に変わっていく
 図解20 総合診療
  語り39 そもそも、体の一部分だけを診る医者などいなかった
  語り40 総合医にも、専門医にもそれぞれの役割がある

関連商品

定価:本体1,300円+税
在庫:在庫あり