環境政策学のすすめ

環境政策学のすすめ

著者名 松下 和夫
発行元 丸善出版
発行年月日 2007年10月
判型 四六 188×128
ページ数 190ページ
ISBN 978-4-621-07912-6
Cコード 1331
ジャンル 科学一般 >  シリーズ科学一般 >  京大人気講義シリーズ

内容紹介

環境政策の立案に関わる行政官として、環境省、OECD、国連などの環境政策分野で国際的に活動してきた筆者が、自身の行政の場における経験や国際社会での活動、大学での講義や研究の中で考えてきた「環境政策の課題」をできるだけわかりやすく体系的にまとめた。持続可能な社会への変革手段としての「環境政策」を考えるための好個の入門書。

目次

第Ⅰ部 環境政策は何をめざすか
 第1章 なぜ「環境」を学ぶのか
 第2章 持続可能な発展の原則とは
 第3章 環境政策と政府の役割
第Ⅱ部 歴史から学ぶ
 第4章 第二次世界大戦後の環境問題の変遷――一九八〇年代後半まで
 第5章 環境問題の国際化と環境政策の新たな展開――一九八〇年代後半から
第Ⅲ部 環境政策の原則と手法
 第6章 環境政策の原則と指針
 第7章 環境政策の手法とその組合わせ(1) 計画的・総合的手法
 第8章 環境政策の手法とその組合わせ(2) 規制的手法、経済的手法など
第Ⅳ部 低炭素社会をめざして
 第9章 地球温暖化と低炭素社会を考える
 第10章 人間と地球環境の安全保障
 第11章 地球温暖化の長期的な目標と低炭素社会

関連商品

定価:本体1,900円+税
在庫:お問い合わせください