塑性加工
著者名 木内 学
発行元 丸善出版
発行年月日 2007年09月
判型 B5 257×182
ページ数 188ページ
ISBN 978-4-621-07906-5
Cコード 3353
ジャンル 機械・金属・材料

内容紹介

大学機械工学系学部生向けの教科書。 種々の材料をさまざまな用途に応じた形状に加工するために必要な、基本および応用理論と解析技術、具体的加工技術について、解説。 塑性ポテンシャル、構成方程式、変分原理、停留原理などの基本原理から、それらを活用した変形解析技術、実際の加工技術を被加工材それぞれについて、詳しく解説。 スラブ法、剛塑性FEM、上界法、UBETなどの枠組、特質を示し、また、圧延、押し出し、引き抜き、鍛造について述べる。

目次

1 塑性加工理論の変遷と数値解析技術の進歩
2 板材(鋼板)の圧延製造法
3 棒材・線材・形材の圧延製造法
4 形材・異形材の押出し製造法
5 管材の製造法
6 板金加工(板材の成形)
7 鍛造加工
8 棒・線材の矯正加工
9 板・棒・管材の残留応力

関連商品

定価:3,520円
(本体3,200円+税10%)
在庫:お問い合わせください