ようこそ量子

ようこそ量子

量子コンピュータはなぜ注目されているのか
著者名 根本 香絵
池谷 瑠絵
発行元 丸善出版
発行年月日 2006年12月
判型 新書 174×112
ページ数 208ページ
ISBN 978-4-621-05375-1
Cコード 0242
NDCコード 007
ジャンル 科学一般 >  科学読み物
社会科学
新書 >  丸善ライブラリー

内容紹介

奇妙、ミステリー、常識はずれ……と言われ、わからないものの代名詞ですらある「量子」。しかし本当は、専門外の方にも量子は相当におもしろいといえる。量子ほどに革新的な概念は、ただ理論の新しさや現象の不思議さに触れるだけで、楽しむことができるからだ。量子という概念の誕生から量子コンピュータの最前線まで──知的冒険に満ちた量子のワンダーランドへようこそ。

目次

序 章 量子の世界からのぞいてみると……
第一章 量子とは何か?
    ──量子力学という考え方の発達
第二章 なぜ量子で情報処理を行うのか?
    ──コンピュータの限界を超える
第三章 量子への扉を開くキー・コンセプト
    ──量子的な世界を記述する道具
第四章 量子のワンダーランドへ
    ──だまし絵からのメッセージ
第五章 量子が入っている技術はどこが違うのか?
    ──1量子ビット操作と「量子鍵配送」
第六章 絡み合う多量子ビットの世界
    ──2量子ビット操作と「量子テレポーテーション」
第七章 量子コンピュータへのロードマップ
    ──「キューバス量子コンピュータ」

関連商品

定価:本体760円+税
在庫:在庫あり

▼ 補足資料