ジープ 応用倫理学

ジープ 応用倫理学

原書名 Ludwig Siep Konkrete Ethik
著者名 山内 廣隆 訳者代表
広島大学応用倫理学プロジェクト研究センター
発行元 丸善出版
発行年月日 2007年01月
判型 A5 210×148
ページ数 354ページ
ISBN 978-4-621-07809-9
Cコード 3012
ジャンル 人文科学

内容紹介

原著者ルートビッヒ・ジープは環境先進国であるドイツにおいて、環境・生命倫理を中心に活発な研究を行いドイツ具体倫理学(応用倫理学より広い概念)を開拓してきた。本書では環境先進国ドイツの哲学者が築きあげた独自の「実践的哲学」を拠り所とし、自然科学に関連した分野の応用倫理学を事例をあげて論じる。「具体的自然倫理学」の入門書であるとともに『応用倫理学』の厳密な基礎づけを行ったこの分野の基本図書。待望された翻訳。

目次

第1章 緒論
 1 本書の目指すもの
 2 根本思想と本書の構成
 3 この著作はなにを主張しようとしないのか
第2章 倫理学の対象,根本概念,根拠づけ
 1 倫理学の対象は何であるか
  2.1.1 「善」
  2.1.2 当為
  2.1.3 根拠と動機
  2.1.4 倫理と道徳
 2 倫理学における根拠づけの諸形式
第3章 価値と評価
 1 善と価値
 2 価値の概念,評価と記述
 3 実在的で客観的な価値
  3.3.1 実在性
  3.3.2 客観性
 4 価値の変化
 5 倫理的価値と規範
第4章 全体論的倫理学と科学的世界解釈
 1 倫理学の自然科学及び文化的世界像への関係
 2 自然評価の諸類型
 3 社会秩序と自然秩序
第5章 自然倫理と文化倫理の基礎
 1 認識論的基礎と存在論的基礎
  5.1.1 自然倫理および文化倫理としての具体倫理学
  5.1.2 具体倫理学の存在論的諸前提
  5.1.3 自然の秩序図式と位階
  5.1.4 生物学的種の概念と実在性
  5.1.5 文化の概念と実在性
 2 具体倫理学の価値倫理学的基礎
  5.2.1 価値としての自然性
  5.2.2 価値としての自然的多様性
  5.2.3 価値としての文化的多様性
  5.2.4 正義
  5.2.5 自然の位階の倫理的関連性
  5.2.6 繁栄,安寧そして選好
第6章 具体倫理学
 1 具体的な自然倫理の諸問題
  6.1.1 持続性
  6.1.2 生物多様性
  6.1.3 自然空間の保護
  6.1.4 植物倫理と動物倫理
  6.1.5 人口増加
 2 医学倫理における自然,技術,そして個人の自律
  6.2.1 生殖の技術化
   6.2.1.1 自然性と人工授精
   6.2.1.2 生殖用クローンと遺伝的改善
   6.2.1.3 出生前診断と妊娠中絶
   6.2.1.4 胚研究、オーダーメード医療そして治療用クローン
  6.2.2 移植医療における自然性,技術そして個人の統合性
  6.2.3 終末期医療
 3 社会的正義と自律
第7章 おわりに

定価:本体4,500円+税
在庫:お問い合わせください