水の世界地図

水の世界地図

原書名 The Atlas of WATER
著者名 沖 大幹 監訳
沖 明
発行元 丸善出版
発行年月日 2006年01月
判型 B5変
ページ数 128ページ
ISBN 978-4-621-07644-6
Cコード 0060
NDCコード 517
ジャンル 社会科学

内容紹介

世界の様々な水事情を地図上に表し、一見してその状況がわかるようにまとめた。世界の様々な場所での、水不足問題の実情から、世界各地で工業・農業などで大規模に使われる水事情、水の有限性、水害、水の汚染、水利用権をめぐる国家間の争いなど、人間に必須の貴重な資源である水を色々な角度から取り上げた。各国の水資源に関することと水の利用状況、汚染状況に関する詳しい数値が巻末に数ページにわたって挙げられているので、具体的に知りたい人も満足できる。社会的な問題と自然科学的な問題を融合したバランスのとれた内容で安心した情報が得られるため、環境問題について調べてみたい。と思う人にお薦めな一冊。

目次

PART1:有限な資源
 流れ去る水
 増える人口,足りない水
 増大する需要
 水の収奪
PART2:利用と濫用 
 家庭における水
 食料のための水
 灌漑(かんがい)
 農業による水汚染
 工業用水
 産業汚染
 発電用水
 ダムはダメ?
PART3:水と健康
 水に手が届くか
 公衆衛生
 汚れた水で人が死ぬ
 疫病のアジト 
 密やかな水汚染
PART4:自然界の改変
 水を分かつ
 湿地帯の干拓
 地下水のくみ上げ
 拡大する都市
 なりふり構わぬやり方
 洪水
 旱魃(かんばつ)
PART5:水をめぐるあつれき
 協調の必要性
 急所
 戦争の武器
PART6:これから歩む道
 “水”商売
 水供給の保全
 優先順位づけ
 将来展望
PART7:表
 世界のデータ 
 資源と需要
 利用と濫用

関連商品

定価:本体2,600円+税
在庫:品切れ・重版未定