NMR・ESR
著者名 日本化学会
発行元 丸善出版
発行年月日 2006年09月
判型 A5 210×148
ページ数 576ページ
ISBN 978-4-621-07307-0
Cコード 3343
NDCコード 432
ジャンル 化学・化学工学 >  シリーズ化学・化学工学 >  第5版実験化学講座(全31巻)

内容紹介

NMRとESRは、ミクロな立場からきわめて豊富な情報を与える測定手段として、化学分野を中心に、物質・材料・生物学・医学など幅広い応用がなされている。 両者を一冊にまとめ、基礎から応用まで最新の知見も含めて記載。実際の装置と基本的な測定法、対象ごとの様々な測定法まで詳しく解説。更に発展した実用例として、生体や生物への応用なども収載。

目次

1編 NMR総論   
 1 NMRの基礎
  1.1 NMRの原理
  1.2 内部相互作用
  1.3 緩和と核オーバーハウザー効果
  1.4 フーリエ変換NMR
  1.5 核スピン系のダイナミクス
 2 NMRの実際
  2.1 NMR装置の構成
  2.2 試料および測定の準備
  2.3 FIDのサンプリングとデータ処理
  2.4 基本的な測定(溶液)
  2.5 基本的な測定(固体)
 3 溶液における各種2次元NMR法
  3.1 同種核相関
  3.2 異種核相関
  3.3 NOEその他
 4 各種固体NMR
  4.1 高分解能NMRとNQR
  4.2 MAS下での異方性相互作用の復活
  4.3 2次元等方化学シフト相関
  4.4 2次元異方性相関
 5 NMRの応用
  5.1 合成高分子
  5.2 生体高分子(溶液)
  5.3 生体高分子(固体)
  5.4 無機物質
  5.5 分子運動の検出
 6 NMRイメージング
  6.1 基本原理
  6.2 装置
  6.3 撮像方法
  6.4 適用例
2編 ESR
 ESR総論    
 7 ESRの基礎
  7.1 ESRの基礎
  7.2 定常状態のESR測定
  7.3 ESRスペクトルの解析
  7.4 磁気的パラメータの理論計算
 8 各種ESR
  8.1 時間分解ESR法
  8.2 パルスESR
  8.3 高周波ESR
  8.4 電子‐核二重共鳴(ENDOR)
 9 ESRの生物への利用
  9.1 はじめに
  9.2 ラジカルのESR
  9.3 遷移金属酵素
  9.4 高等植物の光合成

関連商品

定価:本体8,200円+税
在庫:在庫あり