物理化学入門
バイオサイエンスのための

物理化学入門

著者名 松本 孝芳
発行元 丸善出版
発行年月日 2005年03月
判型 A5 210×148
ページ数 240ページ
ISBN 978-4-621-07581-4
Cコード 3043
ジャンル 化学・化学工学 >  物理化学 >  基礎物理化学

内容紹介

生命科学(バイオ関連)を学ぶ学生にかかすことのできない物理化学の、主に熱力学について基礎を平易に、しっかりと解説した教科書。つまづきやすい箇所をいかに理解させるか工夫されている。原子・分子など高校化学の内容から解説を始め、生命系を題材として展開。神経による刺激の伝達を司る膜電位、バイオ電池まで話を進めている。

目次

1章 はじめに (時間・空間の広がりとエネルギー/物質―質量と重量/原子・分子の概念へ) 
2章 原子の構造 (原子量/電子の存在の確認/電気素量の決定/原子核の存在の確認とその大きさ
         /電子の運動・量子論への進展)
3章 微視的世界から巨視的世界へ (ブラウン運動/光のエネルギー
                 /運動エネルギーとポテンシャルエネルギー)
4章 気体分子運動論 (気体、液体、固体はどこが違うか/理想気体の性質/気体の運動エネルギー              /マックスウェルーボルツマン分布/運動の自由度とエネルギー均分則
           /エネルギー均分則と熱容量/理想気体からのずれ―ファンデルワールスの式
           /分子の衝突、平均自由行程と気体の粘度)
5 エネルギーの保存 (系と外界/仕事と熱/熱力学第一法則/可逆変化と不可逆変化
           /可逆変化、不可逆変化による仕事/定容変化における内部エネルギー変化
           /エンタルピー/熱容量/断熱変化による仕事/化学反応に伴うエンタルピー変化)
6 エントロピー (自然の変化の方向について/エントロピーとは何か
         /熱力学第二法則―エントロピー増大の法則
         /エントロピーはどのようにして導入されたか/混合のエントロピー
         /熱の拡散と物質拡散によるエントロピー変化/エントロピーと仕事をする能力
         /エントロピーと確率・情報/エントロピーと生物の感覚
         /相転移によるエントロピー変化/エントロピー零と残余エントロピー
         /化学反応に伴うエントロピー変化/生物と負エントロピー(ネゲントロピー)
7 自由エネルギー (ヘルムホルツの自由エネルギーとギブスの自由エネルギー
          /自由エネルギーと自発変化の方向/自由エネルギーと最大仕事の関係
          /化学反応に伴う自由エネルギー変化と生命活動における共役反応
          /自由エネルギーについてのさらなる考察/自由エネルギーと力学的仕事
          /組成変化を伴う系おけるギブスの自由エネルギー変化
          /ギブスの自由エネルギー変化の圧力依存性
          /ギブスの自由エネルギー変化の温度依存性
          /ギブスの自由エネルギーと平衡定数/平衡定数の温度依存性
          /生化学的標準状態と乳酸発酵)
8 自由エネルギーと平衡 (不均質系の平衡/混合のギブスの自由エネルギー及びエントロピー
             /束一的性質/溶質の活量/電解質の活量と化学ポテンシャル/ドナン膜平衡)
9 自由エネルギーと電位 (電池の起電力/化学電池/標準電極電位/ネルンストの式/種々の電池
             /膜電位)
10章 おわりに―環境・リサイクル問題へのアプローチ (地球におけるエネルギーとエントロピー収支
                          /自然科学及び技術の発展について)

定価:3,520円
(本体3,200円+税10%)
在庫:お問い合わせください