現代芸術の交通論

現代芸術の交通論

西洋と日本の間にさぐる
著者名 篠原  資明 編著
発行元 丸善出版
発行年月日 2005年09月
判型 四六 188×128
ページ数 17ページ
ISBN 978-4-621-07671-2
Cコード 1370
ジャンル 人文科学 >  シリーズ人文科学 >  京大人気講義シリーズ

内容紹介

京大での大人気講義「芸術学基礎論」の活字化。本書では、主に西洋で起きた主要な芸術が、日本で、あくまで世界に通用するやり方で、どのように受容されたかを、筆者が提唱してきた交通論を用いて具体的に論ずる。交通論とは、間における交通のあり方を明確にするやり方のことで、西洋(世界)と日本の間や、人間や芸術の間を取り上げる。

目次

第1章 過剰の交通装置――デュシャン≪大ガラス≫を手がかりに
第2章 反芸術の行方
第3章 感覚――未来派をめぐって
第4章 笑い
第5章 花と風雅モダニズム
第6章 宇宙と風雅モダニズム
第7章 消滅

関連商品

定価:本体1,900円+税
在庫:品切れ・重版未定