有機遷移金属化合物、超分子錯体

有機遷移金属化合物、超分子錯体

著者名 日本化学会
穐田 宗隆
碇屋 隆雄
伊藤 卓
発行元 丸善出版
発行年月日 2004年03月
判型 A5 210×148
ページ数 508ページ
ISBN 978-4-621-07320-9
Cコード 3343
ジャンル 化学・化学工学 >  シリーズ化学・化学工学 >  第5版実験化学講座(全31巻)

内容紹介

有機遷移金属錯体の合成法についてまとめた実験書。利用の便を考慮し、周期表の順序にに配置し元素別にまとめている。基本的に重要な錯体をはじめ、近年急速な展開を示しているナノテクノロジーに対する一連の巨大有機金属化合物である「超分子錯体」や、フラーレン錯体、デンドリーマー錯体、さらにメタシスや不斉反応触媒用錯体など、今後の有機金属化学の発展方向も反映したバランスの取れた構成。

目次

1 有機金属錯体合成の概要
 1.1 はじめに
 1.2 有機金属化合物の合成法
 1.3 有機金属化合物の取り扱い方
2 3族有機金属錯体の合成―ランタノイド、アクチノイド―
 2.1 有機ランタノイド錯体
 2.2 有機アクチノイド錯体
3 4族有機金属錯体の合成
 3.1 有機チタン錯体
 3.2 有機ジルコニウム錯体
 3.3 有機ハフニウム錯体
4 5族有機金属錯体の合成
 4.1 有機バナジウム錯体
 4.2 有機ニオブ錯体
 4.3 有機タンタル錯体
5 6族有機金属錯体の合成
 5.1 有機クロム錯体
 5.2 有機モリブデン錯体
 5.3 有機タングステン錯体
6 7族有機金属錯体の合成
 6.1 有機マンガン錯体
 6.2 有機テクネチウム錯体
 6.3 有機レニウム錯体
7 8族有機金属錯体の合成
 7.1 有機鉄錯体
 7.2 有機ルテニウム錯体
 7.3 有機オスミウム錯体
8 9族有機金属錯体の合成
 8.1 有機コバルト錯体
 8.2 有機ロジウム錯体
 8.3 有機イリジウム錯体
9 10族有機金属錯体の合成
 9.1 有機ニッケル錯体
 9.2 有機パラジウム錯体
 9.3 有機白金錯体
10 11族有機金属錯体の合成
 10.1 有機銅錯体
 10.2 有機銀錯体   
 10.3 有機金錯体
11 有機金属クラスター錯体の合成
 11.1 3および4核錯体
 11.2 多核錯体
12 有機金属超分子錯体の合成
 12.1 分子ワイヤー錯体 
 12.2 有機金属マクロサイクル錯体
 12.3 有機金属デンドリマー

関連商品

定価:本体8,600円+税
在庫:お問い合わせください