カテゴリ別お知らせ

【電子書籍】「コロナ禍の行動とメディアの影響 2021年1月」 11/8発売

本書は、2021年1月に実施したアンケート調査(全国の20~49才の男女 約3000名の回答)をもとに、新型コロナウイルス感染症の拡大および第二次緊急事態宣言時の、人々の情報行動や意識について分析を行ったものです。第一次緊急事態宣言後一週間程の時期に実施した2020年4月調査の結果との比較も行いました。

 

「コロナ禍の行動とメディアの影響 2021年1月」

https://www.maruzen-publishing.co.jp/item/b304415.html

 

目次

第一章 コロナ禍での行動と意識

第二章 メディア利用と不安への影響

第三章 コロナ禍での働き方 ―遠隔勤務の状況と、働き方への意識変化を中心に―

第四章 政府の新型コロナ対策に関する評価・意識

第五章 コロナ対策とプライバシー・自由の制限

第六章 接触確認アプリCOCOA とワクチン接種への対応・意識

第七章 曖昧情報への態度

第八章 コロナ関連タームの評価

補足資料:質問項目

 

2020年4月の調査結果は、こちらで報告しております。

 

「緊急事態宣言で人々の行動・意識は変わったか?」

https://www.maruzen-publishing.co.jp/item/b303897.html

 

新しい生活様式における行動の調査分析、今後のマーケティングにご活用ください。

 

本記事については、

お問い合わせフォームより丸善出版電子コンテンツ開発室までお願いいたします。

関連商品

▲ ページの先頭へ