カテゴリ別お知らせ

『臨床薬物動態学』「F章 薬物の体内動態パラメータ値と特徴づけ」について

『臨床薬物動態学』「F章 薬物の体内動態パラメータ値と特徴づけ」について(2021年10月更新)

高橋晴美、小川竜一、木島慎一、緒方宏泰

 


 F1. 薬物の体内動態パラメータ値と特徴づけ―病態変化に伴う血中非結合形濃度の予測への応用


日本で臨床的に利用可能な薬物の中で、信頼できると考えられる体内動態(PK)パラメータ値が報告されている薬物について、PKの特徴づけを行った結果と各薬物の予想されるPKパラメータの変動因子をTableにまとめました。さらに、病態の変化に伴いCLintX、QX、およびfuBがそれぞれ変化した場合における各薬物の予測される血中総濃度・非結合形濃度推移を投与ルート(静脈内・経口)別に図示しました。また、PKの特徴づけが一致している(同一Table番号に入る)薬物をまとめました。患者の臨床状況に応じてPK情報を駆使し、血中非結合形濃度の動きに添った薬物治療計画(投与量・投与間隔の設計)を立案する際の一助となれば幸いです。

 

F2. マイクロソフトエクセルを利用した薬物動態学的特徴把握のための数値計算

この項では、汎用表計算ソフトであるマイクロソフトエクセルを利用して薬物動態学的特徴を把握できるように著者らが作成したファイルの利用方法を説明します。エクセルシートはこちらからダウンロードしてご利用いただけます。ここで紹介するシートを利用すれば、入力する数値の読み取りミスや単位の誤りなどがない限り、誰でも簡単に薬物動態の特徴づけを行うことができると思います。ですが、著者らがこのシートを作成した意図は、あくまで薬物動態学の特徴づけに関する学習の補助(検算のようなもの)にあります。ご自身で一つ一つの計算式やその意義をよく理解しつつ、あくまでその際のサポートとしてこのシートを利用することを心がけてください。

 

著者一覧(アイウエオ順) 

緒方宏泰 明治薬科大学・名誉教授;本文、並びにPKシートの監修
小川竜一 アムジェン株式会社;本文 (F2) 執筆、並びに計算シートとPKシートの作成
木島慎一 医薬品医療機器総合機構;図表、並びにPKシートの作成
高橋晴美 明治薬科大学・特任教授;本文(F1) 執筆、並びにPKシートの作成

*PKシートと図表 ©小川竜一、木島慎一、高橋晴美、緒方宏泰

 


■謝 辞■

本HPのバージョンアップに際してご尽力下さいました三澤まどかさんと糠塚さやかさんをはじめとする丸善出版企画・編集部の皆様、並びに明治薬科大学の皆様(薬剤学教室・大学院生、薬物治療学教室・4年生)に心から感謝申しあげます。


■免責事項■

このwebページ上のデータならびに情報は、細心の注意をもって作成・掲載されておりますが、万一掲載内容に誤った表記や、事実と異なる記載があった場合、記載された情報に基づいて読者が実施した結果、何ら損害を生じたとしても、丸善出版株式会社ならびに著者はその結果に対し何ら責任を負いません。

The authors and the publisher of this work have checked with sources believed to be reliable in their efforts to provide information. However, in view of the possibility of human error or changing, the authors and the publisher do not take responsibility for any errors or for the results obtained from use of the information contained in this work.

 


 
◆メニュー
 
 
 

 


「臨床薬物動態学」書籍について

『第4版 臨床薬物動態学 薬物治療の適正化のために』

臨床薬物動態学

緒方宏泰 編著
増原慶壮・松本宜明・木島慎一・高橋晴美 著

B5判 240ページ 本体4,800円+税 
ISBN 978-4-621-30403-7

「第3版 臨床薬物動態学」(2015年刊行)の改訂版。薬物血中濃度を解析するという従来の薬物動態、TDMのイメージを一新し、薬物血中濃度を用いずに薬物動態の視点、情報を薬物治療のモニターに付加し、モニターの内容を豊富化していくための概念や具体的な方法を示すことに力点を置いています。薬物動態学の臨床適用という目的に徹した書で、薬物動態の情報をどうやって治療に適用、利用していくかを述べることにより、薬物動態の視点が薬物治療を適正に遂行していくうえでいかに大切であるかを伝えています。第4版では、必要と思われる新たな知見や考え方を追加しています。

 


 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



TOP


 

[B] PKパラメータの変動要因とそれらの病態変化に伴う動き

[C] 病態の変化に伴う血中総濃度・非結合形濃度の推移


下記table番号をクリックすると表およびグラフが別ウィンドウで開きます。

1111 肝代謝型薬物 (Ae%≦30);EH≦0.3, Vd≦20, fuB≦0.2
1112 肝代謝型薬物 (Ae%≦30);EH≦0.3, Vd≦20, fuB>0.2
1121 肝代謝型薬物 (Ae%≦30);EH≦0.3, 20<Vd<50, fuB≦0.2
1122 肝代謝型薬物 (Ae%≦30);EH≦0.3, 20<Vd<50, fuB>0.2
1131 肝代謝型薬物 (Ae%≦30);EH≦0.3, Vd≧50, fuB≦0.2
1132 肝代謝型薬物 (Ae%≦30);EH≦0.3, Vd≧50, fuB>0.2
1211 肝代謝型薬物 (Ae%≦30);0.3<EH<0.7, Vd≦20, fuB≦0.2
1212 肝代謝型薬物 (Ae%≦30);0.3<EH<0.7, Vd≦20, fuB>0.2
1221 肝代謝型薬物 (Ae%≦30);0.3<EH<0.7, 20<Vd<50, fuB≦0.2
1222 肝代謝型薬物 (Ae%≦30);0.3<EH<0.7, 20<Vd<50, fuB>0.2
1231 肝代謝型薬物 (Ae%≦30);0.3<EH<0.7, Vd≧50, fuB≦0.2
1232 肝代謝型薬物 (Ae%≦30);0.3<EH<0.7, Vd≧50, fuB>0.2
1311 肝代謝型薬物 (Ae%≦30);EH≧0.7, Vd≦20, fuB≦0.2
1312 肝代謝型薬物 (Ae%≦30);EH≧0.7, Vd≦20, fuB>0.2
1321 肝代謝型薬物 (Ae%≦30);EH≧0.7, 20<Vd<50, fuB≦0.2
1322 肝代謝型薬物 (Ae%≦30);EH≧0.7, 20<Vd<50, fuB>0.2
1331 肝代謝型薬物 (Ae%≦30);EH≧0.7, Vd≧50, fuB≦0.2
1332 肝代謝型薬物 (Ae%≦30);EH≧0.7, Vd≧50, fuB>0.2
2111 腎排泄型薬物 (Ae%≧70);ER≦0.3, Vd≦20, fuB≦0.2
2112 腎排泄型薬物 (Ae%≧70);ER≦0.3, Vd≦20, fuB>0.2
2121 腎排泄型薬物 (Ae%≧70);ER≦0.3, 20<Vd<50, fuB≦0.2
2122 腎排泄型薬物 (Ae%≧70);ER≦0.3, 20<Vd<50, fuB>0.2
2131 腎排泄型薬物 (Ae%≧70);ER≦0.3, Vd≧50, fuB≦0.2
2132 腎排泄型薬物 (Ae%≧70);ER≦0.3, Vd≧50, fuB>0.2
2211 腎排泄型薬物 (Ae%≧70);0.3<ER<0.7, Vd≦20, fuB≦0.2
2212 腎排泄型薬物 (Ae%≧70);0.3<ER<0.7, Vd≦20, fuB>0.2
2221 腎排泄型薬物 (Ae%≧70);0.3<ER<0.7, 20<Vd<50, fuB≦0.2
2222 腎排泄型薬物 (Ae%≧70);0.3<ER<0.7, 20<Vd<50, fuB>0.2
2231 腎排泄型薬物 (Ae%≧70);0.3<ER<0.7, Vd≧50, fuB≦0.2
2232 腎排泄型薬物 (Ae%≧70);0.3<ER<0.7, Vd≧50, fuB>0.2
2311 腎排泄型薬物 (Ae%≧70);ER≧0.7, Vd≦20, fuB≦0.2
2312 腎排泄型薬物 (Ae%≧70);ER≧0.7, Vd≦20, fuB>0.2
2321 腎排泄型薬物 (Ae%≧70);ER≧0.7, 20<Vd<50, fuB≦0.2
2322 腎排泄型薬物 (Ae%≧70);ER≧0.7, 20<Vd<50, fuB>0.2
2331 腎排泄型薬物 (Ae%≧70);ER≧0.7, Vd≧50, fuB≦0.2
2332 腎排泄型薬物 (Ae%≧70);ER≧0.7, Vd≧50, fuB>0.2

 


 TOP


 

[D] 同一table番号である薬物リスト(体内動態の特徴づけが一致)

table番号 Drugs
1111 Caspofungin
Micafungin
Warfarin
1121 Apixaban
Azilsartan
1122 Octreotide
1131 Aprepitant
Bortioxetine
Clozapine
Cyclosporine
Dapagliflozin
Darolutamide (S,R)
Darolutamide (S,S)
Darunavir
Eletriptan
Esaxerenone
Finasteride
Irbesartan
Palbociclib
Safinamide
Tacrolimus
Tofogliflozin
1132 Aliskiren
Betamethasone
Eribulin
Galantamine
Hydroxychloroquine
Lamotorigine
Letrozole
Moxifloxacin
Tramadol
Voriconazole
1221 Omeprazole
Selexipag
1231 Amitriptyline
Bupivacaine
Cabazitaxel
Nicardipine
Ropivacaine
Solifenacin
Zolpidem
1232 Dexamethasone
Ivabradine
Rizatriptan
1331 Cocaine
Entacapone
Hydralazine
Propafenone
Propranolol
Ramelteon
Vardenafil
Verapamil
2111 Furosemide
2112 Piperacillin
2122 Pregabalin
2132 Levofloxacin
2222 Oseltamivir
2332 Metformin

 

 


TOP 


 

お問い合わせは、お問い合わせフォームよりお知らせください

関連商品

▲ ページの先頭へ